メスを入れる手術のイメージ

美容整形を受けて美顔になりたいと考えていても、メスを入れたくないからできないと思ってしまうかもしれません。美容外科ではメスを入れて手術をすることは現在でもよくありますが、昔からそのイメージが強かったのも確かでしょう。メスを入れてしまうと傷口が完全に塞がるまでは人目についてしまって整形をしたのがバレてしまうリスクがあります。何週間も家の外に出られないのを恐れて断念してしまう人も多いのは確かでしょう。

メスを入れないプチ整形が流行中

メスを入れるという固定観念は捨てた方が良いでしょう。最近ではメスを入れないプチ整形が美容外科業界で流行しているからです。来院してその場で行ってもらい、傷跡も見えないようなプチ整形を行うことが多くなっています。樹脂の注射によるたるみやシワの軽減や、二重まぶたの整形手術などのように簡単に行えて効果もすぐに実感できるものが多いのが特徴です。どんな方法があるかまずは近隣の美容外科に相談してみると良いでしょう。

非侵襲的なレーザー治療も広まる

美容外科で行われる整形技術としてメスを入れないけれどもう少し本格的なものもあります。非侵襲的な整形技術は着実に進展してきました。よく注目されているのがレーザー治療であり、傷跡をほとんど残さずに様々な整形が行えるようになってきています。レーザー治療は特に美容外科によって行えるかどうかに大差があるため、実際に受けたいときには幾つもの美容外科で相談して上で、納得のできるものを選びましょう。同じ方法でも腕に左右されやすいので口コミ評価なども参考にするのが賢明です。

恵比寿の美容外科は、一人ひとりの患者を対象としたきめ細やかなサービスが用意されており、新規の患者であってもすぐに契約内容を理解することができます。